パパも安心な住まい。パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャー 木+鉄で建てる、第三の工法。アバンセは「構造」「部材」「施工」「断熱」にこだわった『地震に強い』住宅工法を採用しています。

パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーは、パナソニックが開発した耐震住宅工法です。

テクノストラクチャー工法は、パナソニックが開発した新しい木造住宅工法。
オリジナルの複合梁と接合金具を使用し、邸別の構造計算を行うことで、今までの木造住宅の良さを伸ばしながら弱点を強化しました。

強度と信頼性
「強い家」を支える強固な構造部材

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。
一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな使用を規定し、構造計算通りの強度を確保します。
そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

木と鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。

帯広試験場
「テクノビーム」の断熱仕様

帯広にある試験場で、テクノビームの断熱性能、防露性能をはじめ、さまざまな性能評価試験を実施し、その安全・快適性を確認しています。

一棟一棟全ての住宅で構造計算します
全棟440項目での強度チェックをクリア

科学的な裏付けに基づいたチェック項目の上に成り立つ強い家です。設計が決まった時点で、一棟一棟緻密な構造計算を行い災害シュミレーションをおこないます。

厳しい審査基準をすべてクリアするまでは、お引渡しすることはありません。
合格した家にのみ構造計算保証書をお付けした上でお引渡ししています。

震度7の耐震性能を実証しています
厳しい耐震チェックを実施

阪神・淡路大震災と同じデータを使い、テクノストラクチャーで構造計算した実際の建物で実験しました。
震度7の実大振動実験を5回に渡って加える実験もクリア。
激震に耐えうる高い構造強度が立証されています。

テクノストラクチャーだから広々空間が実現できます
縦にも横にも広い、オープンな空間

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大空間が実現でき(積雪地は間口5.5m)、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。

従来の木造住宅:梁が弱いとたわみが出て構造全体もぐらぐら。 テクノビーム:テクノビームなら梁の強さが大空間を支えます。

→パナソニックテクノストラクチャーホームページはこちらから

アバンセ北海道へ  ママにやさしい住まいへ

このページのトップへ